2017年05月18日

怪しげなAdobe Flash Player更新リンク

 最近、ランサムウェアがテレビのニュースなどに出るようになったが17日に怪しげなAdobe Flash Player更新メッセージに遭遇。 気付いた理由は今月最新バージョンに更新していたので、危うく更新リンクをクリックしそうになりアドビの最新バージョンチェック ページで記憶が正しいことを確認。
 再度、Google検索の同じリンクをクリックしたら2回目は更新を促すメッセージが出なかった。 最初にAdobe Flash Player更新のメッセージを出したのは何だったのか疑問の残る怪しいページでした。
 最近はウイルス対策ソフトの評価がグレイ(安全評価でない)のページを開く時は用心しながら開くようにしています。(何かが起きる可能性がある)
 アドビFlash Playerバージョンチェック: http://get.adobe.com/jp/flashplayer/about/
posted by Kさん at 05:04| Comment(0) | TrackBack(0) | PC関連

2017年05月14日

ドライブレコーダー用のマイクロSDメモリ

 ドライブレコーダー用のマイクロSDメモリを書込み性能だけで選んで交換して最初のSamsung製16GBはかなり使えたが何かの条件で記録不良になる。 次のTranscend製32GBはかなり高い確率で記録不良になる。
 どちらも初回書き込みはできているようなので2回目以後の上書きから記録不良になるような状況。 とにかく上書きから問題が起きるのは確かなようで使い続けるとゴミが溜まるのでフォーマットしてくれということらしい。(必ず一定期間でフォーマットしてくれというドラレコでは対応した方が確実に記録できる)
 ネットで調べると高耐久性のメモリ使用が条件らしいと最近分かった。 ユピテル製ドライブレコーダーに最初から付いていたメモリはメーカー名表示もないメモリで容量が4GBしかなく容量が小さいのですぐに寿命になる。(寿命まで使っていない) メーカーはメモリを売ることで商売にしたいのかも知れないがメモリ単体で購入すれば安く手に入るものを手間賃込みの高額で買う気にはなれない。
 ネット上に出ている情報は高耐久性とMLCチップ採用だが、Transcend製にはMLCチップ採用の高耐久性の製品で製品説明にドライブレコーダーに使えると書かれているものがあります。(TS16GUSDHC10V 他) 更にTranscend製にはMLCチップ採用品でもドライブレコーダーには使うなという物もあるので製品説明はキチンと読む必要があります。
 Transcend製のドライブレコーダーに使える高耐久性の製品がアマゾンと楽天で在庫なしになっていたので探してTS16GUSDU3Mを購入した。(今後使ってみないと評価はできない、夏の高温下や繰返し書込み等)

(注)マイクロSDメモリをドライブレコーダーで使う場合は購入したものをそのまま本体に挿入しても使えません。 ドライブレコーダーまたはPCなどでフォーマットして特定の情報が書き込まれて使用可能になり、必ず本体側でフォーマットしてくれという条件があるものがあります。
   PCに詳しい人ならマイクロSDメモリをPCで情報確認できます。 ファームウェアのバージョン、設定情報、通常記録とイベント書込み用フォルダなどの環境設定がある。
posted by Kさん at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) |

2017年04月14日

2017年4月のWindows Update

 2017年4月のWindows Updateは4/12に出たとネットに出ていた。 当方も出る筈と待ち構えていたが午前中の時間帯にはWindows Updateに出ずに4/13に出てきた。
 当方はMSが出してきたものをすべて信用している訳ではないので4/12にWindows Updateの中で実質的な中身だけを特定して情報を出しているサイトから対応できる部分を既にアップデートしていた。 実質的な中身とはWindows Updateの中の有効部分だが、MSは2016年10月からWindows Updateの中に情報収集目的やWindows 10移行など余計な部分を抱合せでWindows Updateとしてまとめた形にしてリリーズする方式に方針変更した。 このことを気にする人々は当然問題視するので当方もその一人、どうにかして余計なことをさせないようにしようと努力することになる。(4/12に部分実行できなかったものが4/13にWindows Updateで出てきた)
 最近の情報ではまたまたWindows10への移行を促す仕組みが導入され始めたようなので、MSのWindows Updateを信用している場合にはトラブルに巻き込まれる可能性が出てきました。(無条件に信用していると移行モードに入る可能性あり)
posted by Kさん at 07:47| Comment(0) | TrackBack(0) | PC関連