2017年06月23日

ドライブレコーダーは機能とビューアーソフトも重要

 ドライブレコーダーは付けていれば安心というものでなく事故などの時にキチンと記録されることが重要です。 ドライブレコーダーの仕様に衝撃感知と電源確保してイベント記録するタイプの機種なら安心。 イベント記録できない機種ではマイクロSDメモリを抜くなどしないと以後の走行で記録が上書きされ事故時の記録が消えてしまう。(機種によってはイベント記録を自動で行わないものがある)
 GPS対応機種の場合は地図表示ができ、どこを走っている時の画像かが分かるがGPS非対応機種では時間しか分からない。 国道を走っていればGoogle Earthのストリートビューで場所を特定できる可能性が高いが国道でなければGoogle Earthのストリートビューで表示できない場所が多い。 GPS対応機種の場合はビューアーソフトで簡単に動画の必要な部分を探せるがGPS非対応機種は動画の場所を探すのも困難です。
続きを読む
posted by Kさん at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) |

2017年06月19日

車の入替えと北海道旅行

 来週には北海道旅行に出発しようと思っています。 昨年の西日本旅行の最終日に事故になりそうな状況になったので車を安全装置付きのマークXへ今月10日に入替え。 そのため車へ慣れるため車の装備の調査や運転練習などに注力しています。
 入替える前にトヨタのプリウスとC-HR、スバルのインプレッサを試乗。 スバルのインプレッサは運転しやすかったが4気筒エンジン独特の振動と音が気になり結局マークXにした。 マークXはV6気筒エンジンで音が静か、速度をコントロールしやすく運転に慣れているため。
 入替えたマークXは箱根へ行ったりして400Km以上走って少し慣れたがトヨタ純正のドライブレコーダが下位機種で仕様に問題、付属ソフトも当方の使い方には合わない問題点を見つけた。
(注) 残念ながら車のグレード分類変更でスポーツタイプが上のグレードになり、スポーツタイプを選んだがタイヤが扁平タイヤでうるさくなった。 扁平タイヤの選択肢が少なく選択失敗、車は見た目の重視でなく静かに走れることが重要。(走行時にうるさいのは長時間走るのには向かない)
posted by Kさん at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

2017年06月11日

トヨタ T-Connectナビ(マイクロSDタイプ)の地図更新

 車(マークX)を10日に入替えたらナビがマイクロSDタイプに替わり、Wi-Fiほかで地図更新が可能になった。 しかし、通信環境の性能が不明だったりすると処理時間の不確定要素が大きくなる。
 ナビの取扱説明書では時間がかかると書かれていたが自宅PC(i7-3820 メモリ16GB)と光回線(早朝約70Mbps)環境で予想外に速く処理できた。 PC上でマイクロSDが更新できてしまうので入替え前の実車のナビで更新に時間と操作の手間がかかるのと比較したら雲泥の差がある。
(入替え前の車) 5年前のHDDナビでマップオンデマンドのサイトから地図更新データをダウンロードして車のナビで3都道府県(最大)づつ指定して更新する。 一括更新でなくすべてを更新するのに時間がかかる。
(入替え後の車) マイクロSD対応専用ソフトでマップオンデマンドのサイトから地図更新データをダウンロードしてPC上でマイクロSDの地図データを更新する。(PCの性能をフル活用するので短時間で終わり手間要らず)
 当方の環境で、共通更新と東日本が15分、西日本が10分で終わった。
続きを読む
posted by Kさん at 02:58| Comment(0) | TrackBack(0) |