2016年12月02日

NTTの利用料金のお知らせは利用料金ではなく請求金額

 NTT東日本からの「11月分のご利用料金のお知らせ」メールが届いたが「ご利用料金:0円」となっていた。
 有り得ない金額なのでどうやって調べるかが問題。
 最も簡単な116に電話してみる。 どうやって調べるかが問題だったがフレッツ光メンバーズクラブのポイントを11月分の料金支払に充当したので請求金額がゼロになったとの回答。
 ポイント充当が11月に処理した11月分料金支払で利用料金請求が1ヵ月遅れていることも分かった。
 (利用料金の請求締めがユーザーによって違い、当方は固定電話時代の締め日が適用されている
 結論は料金支払のための口座に翌月いくらの請求金額があるかを知らせているだけ。 ポイント充当すればその分だけ実際の利用料金から差し引かれるのでゼロ円請求もあり得るということだった。
 しかし、ユーザーには利用料金と請求金額は両方とも重要な情報なので両方の表示が必要。
posted by Kさん at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年11月29日

Windows仮想メモリの適切なサイズは使用デバイスで変わる

 Windowsの仮想メモリのサイズはいくらに設定するのが適切なのかは明確な指針があるようでない状態です。 最近になってメインのデバイスをSSDにしたらメーカーの推奨値が実際に仮想メモリが使用される範囲にすべしという指針が出ていた。(4GB以上のメモリ搭載時: 200MBmin〜2GBmax) SSDはアクセス速度が速くほとんどどの位置でもコントローラによる管理で適当なパフォーマンスを実現するように書込み寿命を含めて管理されているのでこの設定が使える。(コントローラの作りがメーカーによって違いパフォーマンスが使用時間で変化する
 HDD、SSHD(ハイブリッドHDD)では仮想メモリのサイズは最低でも搭載メモリと同量を割付けないと1ヵ月ほど使うと動きがにぶくなることを経験しています。(少なくても設定当初は普通に動く) この場合、例えば16GBのメモリを搭載している場合はほとんど仮想メモリを使わないと思われるが仮想メモリを半分の8GBにしたら1ヵ月もしない内に操作レスポンスが悪くなった。(HDD、SSHDとも)
 HDDやSSHDでは仮想メモリの割付けや位置によってパフォーマンスが変わるのでパーティション設定や割付け方法に工夫が必要と考えています。 1ドライブ構成の場合、プログラム類のパフォーマンスを良くするためにOSとアプリ、仮想メモリをCドライブに割付け、データ類はDドライブから後ろに割付けています。 IEなどブラウザのキャッシュは書き換えが頻繁に行われるのでDドライブに設定してCドライブにゴミが溜まることを防止。
(参考) ノートPC Win8.1のOS起動時間(デスクトップ表示まで)
     SSHD(Seagate ST1000LM014): 15〜30秒(ほとんど17秒、 HDD → SSHD換装)
     HDD (東芝 MQ01ABD075)  : 17〜35秒 (購入当初の750GB HDD)
    (注) 旅行中の再セットアップで起動時間が50秒と遅くなったがWin8.1でデフラグ、仮想メモリ割付のデフラグ、
        高速シャットダウン設定の再設定、SuperFetchサービスによる最適化で高速起動が復帰した。
posted by Kさん at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | PC関連

2016年11月20日

西日本旅行から戻りました

 1年最後の3番目の長期旅行イベントが終わった。 西日本旅行は慣れた北海道と違っていつも何か新しいルートや場所が発見できて旅行内容に変化があり新鮮な気分になります。
 自宅に戻ってデスクトップPCに電源を入れたらメインドライブをSSD化したので設定不完全なこともあり起動がスムーズでなかった。 11月のセキュリティ更新をしたらXPモードの動きが悪くなりシャットダウン再起動して正常復帰した。 モニタ画面もノートPCの鮮やかな画面に慣れるとsRGB対応モニタの落ち着いた感じの色調に違和感を感じて少しコントラストを高めに設定調整した。(1年10ヵ月使ってコントラストが下がっていた)
 西日本旅行の旅行記を見ると画像DBや旅行記文面など当事者の視点からは表現方法の問題も多く手入れしたい部分が沢山あり対応方法を考えています。(いつも通りの旅行日程の逆順フォローを予定)
 今回の旅行では画像DBに追加したい写真が沢山あり、まとめ方の問題もあるができるだけ早く処理する予定。
(注) 今回の旅行ではセキュリティ関係の仕事をしている人間とのメールのやり取りでメールに不正操作ソフトを入れられたらしくHDDを壊された。 旅行中にHDDが壊れることもあり得ると考えているので最近の長期旅行では代替HDDを携行しているが旅行中のバックアップをしていなかったので壊れる前までの旅行中のファイルが読み出し不能になった。
(対応方法を検討中、山陰の一部は再度写真を撮り直した)
 セキュリティ関係メールのランサムウェア対策でバックアップを徹底するという指針の重要性を再認識させられた。
posted by Kさん at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行